スポンサー企業様紹介

スポンサー企業様に聞く!Scrambleを支える人々の思いとは ~株式会社KYOSOテクノロジ様編~

次世代ロボットエンジニア支援機構は、個人・企業を問わず様々な方の支援によって成り立っていま す。そこで、そうした方々への感謝を示すと共に、その魅力を広くお伝えするべく新たな企画を立ち上げました。その企画とは、本機構所属ロボットコンテストチームの学生が、支援をしてくださる方々にインタビューをし、その思いや考えなどを伺おうというものです。 

初回の今回は、京都府京都市を本拠地としている株式会社KYOSOテクノロジ様についてのインタビューです。本機構への支援理由から会社経営に関するこだわりまで、非常に興味深いお話を伺うことができましたので、 ぜひ最後までご覧ください!

 

プロフィール

スポンサー企業様

神田 隆次様

渡辺 和昭様

株式会社KYOSOテクノロジ 神田 隆次様、渡辺 和昭様

所在地:〒604-8151 京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町227第12長谷ビル3F

株式会社KYOSOテクノロジ様は2003年に株式会社KYOSO様から分社化され設立されました。KYOSOテクノロジ様は1986年に「CAD事業推進部」として発足されたのが始まりであり、30年以上にわたり商品開発支援をはじめとした設計技術サービスを提供されています。

商品企画から量産立ち上げまでの設計開発領域において、メカ・エレキ・ソフト・プリント基板設計の技術者がチームワークを活かし受託開発・開発支援などを行っておられます。また、産学官連携やものづくり企業との連携にも力を入れておられ、「経営は人なり」という経営理念の元、地域社会に貢献し愛される企業づくり・人財育成を進めておられます。次世代ロボットエンジニア支援機構が進める学生エンジニア育成にもご共感を頂き、法人化前から多くのご支援を頂戴しております。


質問者

 

松尾 悠

都立産業技術高等専門学校 生産システム工学コース 2年 
RoboMasterチーム所属

RoboMasterチームでは、制御班としてSTM32を使った組み込みプログラムの開発をしています。


 

インタビュー

Q.1 KYOSOテクノロジ様について

松居
貴社の成り立ちや事業内容など、概要についてお聞かせください。
当初、大型コンピューターの保守、運用、メンテナンスを行っておりましたが、CAD関連の保守、運用業務をきっかけとし、CADオペレーター、設計業務とステップアップすることで、KYOSOテクノロジとして分社化致しました。

弊社の特徴として、受託開発、派遣、ものづくり企業との連携や、産学官連携があり、メカ、エレキ、ソフト、プリント基板の技術者が連携を行いながら業務を行っています。

KYOSOテクノロジ 渡辺様

Q.2 Scrambleに支援してくださったきっかけについて

松居
本機構への支援を決めたきっかけをお聞かせください。
お話を頂いたきっかけは、弊社の若手社員である高岸君がScrambleさんのメンバーとして活躍していたことです。その後、川節代表とお話させて頂く機会を頂戴した際、「次世代のエンジニアの育成」というScrambleさんのコンセプトと思いに共感したことです。
KYOSOテクノロジ 神田様

Q.3 マネジメントの秘訣について

松居
機械・回路・ソフトと広い分野で設計から試作・評価までを行っているとのことですが、全体を見通したマネジメントの秘訣は何ですか?

使う人の意図をどのように汲み取るか、ではないでしょうか。

なぜ「もの」を作りたいのか、実施することによって何がしたいのかを考えることで我々ならどのようなアプローチができるのか。機械、回路、ソフト、プリント基板の専門家がおり、どの専門家が今回プロジェクトリーダーをやるのか話し合うことができます。

プロジェクトチームが形成されたら、チームが同じ方向を向いているかがポイントと考えています。

KYOSOテクノロジ 渡辺様

Q.4 「人財創り」について

松居
貴社のホームページでは、経営理念として「人財創り」という言葉が強調されていますが、この「人財創り」のために心がけている事は何ですか?

経営者から社員一人ひとりまで共通の価値基準をもって行動することが大切であり、普遍の価値基準を自らに問いかけ実践していくための、PHILOSOPHYという10文字の英単語を頭文字とした行動指針があります。

そのなかでもHungry 向上心を持ってチャレンジします において自発的にチャレンジできる文化、体制が重要だと考えています。

KYOSOテクノロジ 渡辺様

Q.5 Scramble初期から協力してくださったことについて

松居
本機構における初期のスポンサー様は、貴社から広げていただいたのが大きな要因となりました。大会参加などの実績も少ない中、なぜそのような協力をしてくださったのでしょうか?

「次世代のエンジニアの育成」はScrambleさんだけでなく、ものづくり業界共通のテーマです。企業の育成は実務的であり、根っ子にあるべき「ものづくりの楽しさ」から教えることは難しいですが、そこをスポンサーとして間接的にでも支援できるなら業界全体のメリットになります。そういった意味で企業側は大会実績よりも大会参加を通して得られる「ものづくりの楽しさ」こそ、大事にしてほしいと願っています。幸い私の周りにはそういった考えに共感して下さるものづくり企業経営者が沢山おられるので、初期からスポンサーのお声がけをさせて頂きました。
KYOSOテクノロジ 神田様

Q.6 今後Scrambleに期待することについて

松居
これからの本機構に期待することなどがあればお聞かせください。

弊社でも人材育成を行っていますが、業務主体となり視野や視座が広がりにくい状況があります。

弊社社員との懇親会などを通じて技術交流など、もっとつながりができればよいと思います。

ものづくりの楽しさを知り、想いをかたちにできる技術者の育成方法なども展開いただけると幸いです。

また、もしご縁があるなら我々の仲間として、また良きライバルとして切磋琢磨できる若者を、是非たくさん育てていただき、ものづくりを通じて多くの人に夢と感動を与えて続けることを期待しています。

KYOSOテクノロジ 渡辺様

感想

KYOSOテクノロジ様ならではの経営哲学や、KYOSOテクノロジ様が本機構に寄せてくださっている思いについて感じ取ることができました。

その思いに応えるべく頑張って参りますので、今後ともよろしくお願いします。

次回は双和電機株式会社様を予定しています。お楽しみに!

-スポンサー企業様紹介

Copyright© 一般社団法人 次世代ロボットエンジニア支援機構 , 2021 All Rights Reserved.